本文へスキップ

L's+H エルズプラスエイチ 兵庫県明石市を中心に築30年以上の戸建て住宅・・マンションの健康で快適に暮らし続けていただくために、構造補強と断熱改修、自然素材を用いたリノベーションやリフォームをご提案 




リフォームとリノベーションの違いは、家の増改築や改修を検討している人は必ずと言っていいほど抱く疑問ではないでしょうか。最近よく聞くようになった「リノベーション」という言葉ですが「リフォーム」と同じ意味で捉えている人も多いのではないかと思います。
ここでは、混同しやすい「リフォーム」と「リノベーション」の違いを事例を交えてご紹介します。




一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。

ちなみに、英語で「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。



一方「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションは付加価値を付けることで、新たな機能や価値を向上させることを意味します。

リノベーションには、よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなども含まれます。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。




設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の貼り替え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。一方、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模な工事は「リノベーション」に分類されます。


新築の時と同等、あるいはそれ以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類されます。
一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されます。
また、住宅にオフィススペースや店舗スペースを設けたり、オフィスビルを住宅用に改修する等、用途の変更が伴うリノベーションのことを「コンバージョン(変換、転換)」と言われることもあります。










鉄骨ALC2階建てのリノベーション
耐震・断熱・自然素材にこだわったリフォーム
家庭料理屋
店舗フル改装
老舗創作和菓子店工事





RSS Feed Widget